さくら

この9月で15歳。2年ほど前から年齢からくる病気で闘病していた。一時は治ったかもしれないと思うほど快復した時もあったけれど、病気を繰り返していた。治るのは無理だと思うようになってからは明るい老人介護をと決めていたが、虫の息で寝ている小さくなったさくらを見てると涙が出てしょうがない。

夏は越せないだろう。いつものようにみんなの賑やかな声を聞きながら、もう頑張らせないで天国に逝かせてやりたい。

張子さくら

お客様に頂いた手づくり「張子のさくら」 丸々と太ってた若いときの甘えたお顔がよみがえる。

鮎

もしかしてあの龍馬も泳いだかも^^鏡川上流で採れた鮎さんだそうです。おいしいぜよ(^-^)v

庭でバーベキューを始めると必ず「さくらにも頂戴♪」とおねだりしていたけれど・・・みんなでさくらさくらと声をかけます。

コメント

美味しく頂けましたかねえ

龍馬伝にかけて「龍馬も泳いだ同じ水で育った鏡川の上流の鮎」とな!。
鼻の悪い私でも鮎独特のスイカに似た匂いが手に残り香として夕方まで残っていました。
清流でないとしなくなった匂いで汚れた川ではこの匂いはしません。

Re.美味しく頂けましたかねえ

鮎さんのあの匂いは独特なんやねぇ。
庭で炭火で『天然』とくると
贅沢以外の何者でもありません。本当においしい!

>龍馬伝にかけて「龍馬も泳いだ同じ水で育った鏡川の上流の鮎」とな!。

県外の方は鏡川と言っても何処?ってなるでしょ (^-^)v
龍馬さんの味はせんかったけど(笑)最高のご馳走でした。
いつもありがとう♪

話題は違いますが

昨日どんがら祭り行ってきました!
なんと、準優勝に匹敵する賞を頂きましたよ~
艶のおおきな旗をゲット
きららにはチーム旗が無かったのですが・・・
旗の棒を早速みぃちゃんの所から買わなくてはいけません
まずは報告です

Re.話題は違いますが

すっちー♪ 
わぁい。「艶」という事は「那須与一」だわ。おめでとう☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆
旗振りの練習もしなきゃねb^-゜)
次は高知に来られたら嬉しいな♪

Ps.いつもありがとう。絵手紙で一気に能登を想い出したよ。

No title

うーん、胸がきゅ~んと苦しくなりました。
さくらちゃん・・・切ないですね。
お別れが来るとわかってはいても、なかなか受け入れられず
延命治療なども、どうかと思いますが・・・
いざとなると・・・一秒でも一緒にいたいと思うのは人間の
エゴなのでしょうか・・・。

少なくともさくらちゃんは、皆さんの大きな愛に囲まれて
幸せいっぱいだと思います。
一日でも幸せな時間が過ごせますように・・・お祈りいたしますv-353

(;_;)

 人間もペットも、命に限りがあると頭では分かっていても、今生の別れというものはやはり辛いですね。まして、かつて元気な頃の記憶がある身近な存在が弱っていくのを見るのは…。お察しいたします。

 私が植えたアジサイは、私が死んでからもずっと咲き続けて欲しいものです。

Re.ゆみたかさん♪

心配くださってありがとう。

よさこいの練習を見せてもらってる時、帰りの車で元気な曲を聴いる時、
さくらを思うと急に涙がでてきて情緒不安定になっていますが、
みんなの前では元気にしています!

Re.(;_;)

長いあいだ家族だもの。何度も経験してるけど本当に別れは辛く切ない。

>私が植えたアジサイは、私が死んでからもずっと咲き続けて欲しいものです。

トリデさんに死んでからの話はまだ早い、似合わないわ。
トリデさん ありがとう

お久しぶりです。
あっぱれではお会い出来て嬉しかったです。
あっぱれのあの日、写真が真っ白になって上手く撮れなかったこと覚えていますか?「早く帰ってきて」というにゃーぽんの思いの表れだったようです。帰ったら、最後にあたしをしっかりと見た後意識がなくなりそのまま眠ってしまいました。側にいてあげたかったと、イベントに参加したことをとても後悔しましたが、せめて側で夜を過ごそうと隣で眠りました。そして静かに・・・。

さくらちゃんはみんなから愛されて幸せだと感じているはずです。これから忙しい時期だと思いますが(今もしているとは思いますが)できるだけさくらちゃんの側でたくさん話しかけたりイイ子してあげてくださいね。ほんとに一瞬一瞬が大事ですよね・・・。
さくらちゃんといっしょに素敵な思い出を積み重ねてくださいね。
さくらちゃんといっしょに頑張ってください!
応援しています!
なんかエラそーにすいません。

Re.しょーぽんへ

良くないと聞いてたけど、にゃーぽんもそうだったのね。辛かったねぇ。

さくらは2年前にもうだめだと思うのが奇跡的に快復していたの。きっとお世話をすることでお別れを十分にさしてくれたんだと思うようになりました。ずっと動物を飼ってきて別れを何度も経験してきたけれど、やっぱり辛いわ。

幸せをいっぱいくれて、おうちの子供になってくれてありがとうと言いたい。

しょーポン ありがとう。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)