あの日

私と夫は病院のベッドの上でその第一報を聴く。夫が前日手術を受けており入院してたのだ。ただならぬ事態に夫を残し自宅へと急ぐ。車中で私たちを心配して(本当は自分達がもっと大変な状況だったろうに)東京の娘からメールが入るもその後はいっさい連絡がとれなくなり、ひとり、眠れぬ長い夜が始まったのだ。

近親も含め大切な人を失った年!命と向き合った年!忘れられない!忘れてはいけない!あの日3・11

1203091

春の七草「ハコベラ」は5mmあるなしの小さな花、おひたしにして食べられるそうです。どんどんはびこって雑草と呼ばれてるけどマクロで見ると別人だね(^^)

IMG_6862.jpg

おしゃべしてたの聞こえてきたよ。「春きたよ~♪」「春きたよ~♪」「春だね~♪」だって♪ 

もう雑草なんて呼ばないで♪ ホトケノザ

1203093

恥ずかしがりやのクリスマスローズなのに雑草に負けてない。あっちこっちにはびこります。

コメント

こんにちは♪

もう1年が経つんですね…
気仙沼や南三陸町に親戚が多いのでTVを食い入るように見てました
一切連絡はとれず気をもんでばかりいた記憶があります
南三陸町に住む従姉と連絡が取れたのはかなり経ってからでしたが
その後聞いた話しでは『目の前で家が3分で流されて行った…』と
聞いた時は思わず『生きててくれてありがとう』と言うのが精一杯!
それでも母が入院してた私を気遣ってくれて、強いなと思いました♪
あんな思いをするのはもう嫌ですよねぇ~!!

今日はチョッとお疲れモードなので、やまもも姉様のお写真に癒され
早くロケハンに行きたくなってきました (*^-')ノ⌒☆

あの日から

あれから1年。あの日から1年。
今、友人と話すことはあれから(受験)1年なのねぇ。早いねぇ・・・だ
地震のことには触れたくない。
私には忘れてはいけない2つの記憶そして経験。

振り返ると嬉しかったことより胸が痛くなる。
あの福島の映像をみたり聞いたりすると、今でも自然に涙が出てくる。
地震直後、自宅にいる娘と連絡が取れない。
これにはさすがに焦った。
帰宅困難になった主人ともなかなか連絡が取れない。
いろいろ思い出すのはやっぱり怖かったことだけ。
海なし県でよかったと正直思ったこともあった。
でも、川を遡上してくることもあると聞くと、正直怖い。
はずかしい話?だが、学校が休みの平日、電車に乗って出かけようとしても
娘が家にいると思うと出かけることが出来ない。
学校に行っていれば出かけられる。
どうも地震当日、学校が終わり家に一人でいた娘の恐怖を考えてしまうようだ。
半分トラウマ?
電車で地震を体験したわけではないが、ひとり電車に乗って出かけるのも恐怖がある。
半分意を決して出かける。
今まで見たいにスーッと電車に乗って出かけられるようになりたい。
地震前だったらもしかしたら、明日からの”おきゃく”また深夜バスで一人でも行ったかもしれない。

テレビで首都直下地震の話題がワイドショーとかで出るたびに、非常持ち出しなど買わなきゃ・・・
と考えたり思ったりするのだが正直、恐怖で見るのもイヤだったりする。
東北の人を考えたら”何が怖いだ・・・”グダグダ言ってられませんね。
心のリハビリ始めないと。

あの日私は

 やほーのホームページを見ていました。すると、
「宮城県 震度7」(だったと思います)
という表示が…

 尋常でない震度の大きさに、
『まずいんじゃないか、何か大変なことが起きているんじゃないかv-363
そう直感した私は、急いで職場のv-55をつけるように、周りの人に促しました。

 多くの家屋が倒壊し、炎上している光景を想像していたのですが、本当に衝撃的だったのは、リアルタイムで流れてくる大津波v-466の映像でした。そして原発の爆発…この光景は、今でも私の心の中にv-284v-230として残っていますv-399

 豪雨、豪雪、震災…こう立て続けに天災が日本の各地で起こっている昨今、『気の毒に』ではなく、『次は我々の番かも』v-404と考えるようになりました。

No title

本当に恐ろしい大惨事でしたね。
自然災害の恐ろしさを身に染みました。
(しかし、原発は人災です!)

まだまだ放射線量が気になるこの頃・・・。
今もスーパーで西日本産のお野菜を探しまくって買っています。
高知産はナスとピーマンでいつもお世話になっています♪

ほとけのざを見ると、いよいよ春?といつもワクワクしますv-290

Re.こんにちは♪

>もう1年が経つんですね…

早かったような、長かったような・・
気持ちは同じ、忘れられない1年だったね。
 
>気仙沼や南三陸町に親戚が多いのでTVを食い入るように見てました
>一切連絡はとれず気をもんでばかりいた記憶があります
>南三陸町に住む従姉と連絡が取れたのはかなり経ってからでしたが
>その後聞いた話しでは『目の前で家が3分で流されて行った…』と
>聞いた時は思わず『生きててくれてありがとう』と言うのが精一杯!
>それでも母が入院してた私を気遣ってくれて、強いなと思いました♪
>あんな思いをするのはもう嫌ですよねぇ~!!

日本はどこに行くんだろうと思ったわ。戻れるわけではないけど1年前に戻りたい。
この一年が無駄にならないように、みんなで頑張らないとね。

>今日はチョッとお疲れモードなので、やまもも姉様のお写真に癒され
>早くロケハンに行きたくなってきました (*^-')ノ⌒☆

ありがとう。私も恵ちゃんのお写真に癒されてまぁす♪

Re.あの日から

セレ母

私11日の夜、心細いセレ母と交わしたメール
今でも覚えてる。
励ましながらもお互い不安いっぱいだったよね。

現実と思えない事実が怖かった。
本当に朝までが長かったねぇ。

>東北の人を考えたら”何が怖いだ・・・”グダグダ言ってられませんね。
>心のリハビリ始めないと。

そうよ!辛いことが多すぎる1年だったけど
恐れるばかりでなく残された私達は力をださなきゃ!
簡単ではないけどね。思えるようになりました。

また以前のように明るくよさこい踊れますように!
今、家族と暮らせることに感謝をしよう!ねっ!


Re.あの日私は

>豪雨、豪雪、震災…こう立て続けに天災が日本の各地で起こっている昨今、『気の毒に』ではなく、『次は我々の番かも』と考えるようになりました。

もう元には戻れない。こんな時が来るなんて、考えたくないけど、もう人事ではなくなりました。
恐れるばかりではなく、備えないとと思うように私も。。。

日々、普通の生活できることに感謝をします。

Re. ゆみさん♪

>本当に恐ろしい大惨事でしたね。
>自然災害の恐ろしさを身に染みました。
>(しかし、原発は人災です!)

自然の前では人間はこんなにも小さい存在だったのね。
はい。原発は人災です。

>まだまだ放射線量が気になるこの頃・・・。
>今もスーパーで西日本産のお野菜を探しまくって買っています。
>高知産はナスとピーマンでいつもお世話になっています♪

現実そうですよね。私も時々息子達に野菜を送ってる。
親の出来ることは小さいけど、心配もいっぱいするけど、
でもそれだけではだめ、恐れるだけでなく、今を元気に過ごそうと思う。

>ほとけのざを見ると、いよいよ春?といつもワクワクします

ピンクで華やか、花屋さんのお花もきれいだけど
負けてないでしょ♪遠くから見るとピンクの絨毯みたいよ。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)